交通事故と弁護士


交通事故で示談交渉に納得できなかった場合や、後遺障害等級認定の申請時には、弁護士に依頼する必要があります。弁護士の費用は高いから、示談金に納得できなくても仕方がないと思っている人もいるのではないでしょうか。弁護士費用は高いと決めつけるのではなく、まずは弁護士に支払う費用について理解しておきましょう。

最初に、自動車保険に弁護士費用特約がついてないか確認してください。自動車保険の特約は車同士での事故以外にも、歩行者として事故にあったときも使える場合があります。また、自動車保険だけでなく火災保険、損害保険などに特約としてついていることもあるため、加入している保険で使えないか確認しましょう。弁護士費用特約があれば、弁護士に依頼する相談料、着手金、弁護士報酬すべて無料にすることも可能です。この特約は被害者の過失がゼロでなければ使えないという条件はなく、被害者にも過失があると判断されたときも適用されます。依頼する弁護士は保険会社が決めるのではなく、自分で選んだ弁護士に依頼することも可能です。

弁護士に支払う費用とは、相談料、着手金、弁護士報酬と3種類あります。このなかで相談料と着手金を無料にしている弁護士事務所もあるため、費用を抑えたい場合は比較するようにしましょう。もし保険で弁護士費用特約が利用できなかった場合でも、相談料と着手金無料のところを選べば、弁護士費用を節約することは可能です。この相談料とは何なのか紹介しましょう。