30分で終わるのか?


交通事故で法律相談をする場合、多くの事務所では30分5,000円の基準を設けています。この理由は、日弁連が弁護士報酬を作成する基準がこのとおりだったからです。現在日弁連の報酬基準はなくなりましたが、今でも弁護士の多くは30分5,000円を基準としています。しかし、30分単位の相談料だと、最終的にいくらになるのかわかりにくい方もいるでしょう。

厳密には、交通事故の内容によって相談時間は変わってきます。30分で終わる場合もあれば、1時間かかる場合もあるでしょう。法律相談で費用が気になる場合は、事前に弁護士事務所に確認しておくと安心です。相談時間の目安は30分~2時間以内が多くなっています。平均は1時間くらいで、長くても2時間くらいを目安にしておきましょう。30分5,000円とすれば、1時間1万円、2時間2万円が目安です。

また、交通事故の相談は、日弁連に無料で相談することも可能です。具体的な弁護士が決まっていないなら、日弁連に相談してみる方法もよいでしょう。日弁連への相談はメールや電話でも相談できるため、事前の相談先として利用してみてください。日弁連とは国からの補助で運営している団体ですから、相談を無料ですることができるのです。