30分で終わるのか?

交通事故で法律相談をする場合、多くの事務所では30分5,000円の基準を設けています。この理由は、日弁連が弁護士報酬を作成する基準がこのとおりだったからです。現在日弁連の報酬基準はなくなりましたが、今でも弁護士の多くは30分5,000円を基準としています。しかし、30分単位の相談料だと、最終的にいくらになるのかわかりにくい方もいるでしょう。

厳密には、交通事故の内容によって相談時間は変わってきます。30分で終わる場合もあれば、1時間かかる場合もあるでしょう。法律相談で費用が気になる場合は、事前に弁護士事務所に確認しておくと安心です。相談時間の目安は30分~2時間以内が多くなっています。平均は1時間くらいで、長くても2時間くらいを目安にしておきましょう。30分5,000円とすれば、1時間1万円、2時間2万円が目安です。

また、交通事故の相談は、日弁連に無料で相談することも可能です。具体的な弁護士が決まっていないなら、日弁連に相談してみる方法もよいでしょう。日弁連への相談はメールや電話でも相談できるため、事前の相談先として利用してみてください。日弁連とは国からの補助で運営している団体ですから、相談を無料ですることができるのです。

相談料の料金

弁護士費用の相談料とは、交通事故の示談交渉や後遺障害等級認定、または裁判をかける場合に相談する際の料金のことです。弁護士事務所では相談内容によって、相談料を決めています。また、相談方法によっても料金設定があるようです。

たとえば、弁護士と直接会って交通事故の相談をする場合、初回のみ無料にしているところも少なくありません。2回目以降は5,000円くらいを目安に考えておきましょう。法律事務所によっては、定額5,000円のところもあれば、30分5,000円など時間制限にしているところもあります。時間が長引きそうな相談の場合は、初回無料のところを選び、2回目以降は定額料金だと安心して相談ができます。メールや電話での相談を受け付けているところでは、初回メールは無料、1回目以降2,000円、電話1回あたり5,000円などの料金体制です。

相談料とは、相談の結果に関わらず必要となるものです。相談時間が長引けばそれだけ費用もかかるため注意してください。最終的に問題が解決できず、示談が成立できない場合でも相談料は必要となります。そのため、初回相談が無料のところを利用し、問題を解決してくれそうな弁護士選びが重要です。自動車事故の相談の場合は、自動車事故の取扱数が多く実績があるか確認しておきましょう。

関連HP<弁護士法人アディーレ・交通事故慰謝料相談>

交通事故と弁護士

交通事故で示談交渉に納得できなかった場合や、後遺障害等級認定の申請時には、弁護士に依頼する必要があります。弁護士の費用は高いから、示談金に納得できなくても仕方がないと思っている人もいるのではないでしょうか。弁護士費用は高いと決めつけるのではなく、まずは弁護士に支払う費用について理解しておきましょう。

最初に、自動車保険に弁護士費用特約がついてないか確認してください。自動車保険の特約は車同士での事故以外にも、歩行者として事故にあったときも使える場合があります。また、自動車保険だけでなく火災保険、損害保険などに特約としてついていることもあるため、加入している保険で使えないか確認しましょう。弁護士費用特約があれば、弁護士に依頼する相談料、着手金、弁護士報酬すべて無料にすることも可能です。この特約は被害者の過失がゼロでなければ使えないという条件はなく、被害者にも過失があると判断されたときも適用されます。依頼する弁護士は保険会社が決めるのではなく、自分で選んだ弁護士に依頼することも可能です。

弁護士に支払う費用とは、相談料、着手金、弁護士報酬と3種類あります。このなかで相談料と着手金を無料にしている弁護士事務所もあるため、費用を抑えたい場合は比較するようにしましょう。もし保険で弁護士費用特約が利用できなかった場合でも、相談料と着手金無料のところを選べば、弁護士費用を節約することは可能です。この相談料とは何なのか紹介しましょう。